過去の説教

博士の来訪

博士の来訪
岸 敬雄 伝道師

ミカ書 5 章 1〜5 節:マタイによる福音書 2 章 1〜12 節

 皆さん、明けましておめでとうございます。本日は新年最初の礼拝となります。それと共に教会歴で言いますと顕現日礼拝になります。聖書にはイエス様がお生まれになった後に二組の人たちが訪れたことが書かれています。

 皆様もご存じの通り、片方は羊飼いでありもう一方は、東方の博士とか、占星術の学者とか呼ばれている人たちです。顕現とは、東方の博士とか、占星術の学者たちと呼ばれている人たちにイエス様がお会いして、イエス様が異邦人に公に姿を現したことを顕現といいます。イエス様がお生まれになって人々にその御姿をあらわされた傍らしい出来事を記念する日となります。しかし、イエス様にお会いしたこの二つのグループは、対照的な立場にある人々でありました。最初に訪れた羊飼いたちは、天使たちから教えられ真っ先にイエス様の所に訪れた人たちでした。しかし、その羊飼いたちは、安息日も守れない、すなわち律法を守る事が出来ない、人々からは罪人であると考えられ、見下げられていた人々だったのです。
その様なユダヤ人の世界では、身分の低い罪人と考えられていた人たちに、まず天使からイエス様がお生まれになったと言う良き報せ、福音が伝えられたのです。

 その後にイエス様のもとに訪れたのが、本日聖書でも読んでいただいた占星術の学者たちなのです。
占星術の学者は、羊飼いたちと反対の立場にいる人々だと言っていいでしょう。

 彼らが行っていた占星術は、星を見る事により季節を知り、作物を作り始める時期を決めることや良い兆しや悪い兆しを見るなど、当時としては最先端科学でありました。そして、東方の占星術の学者はユダヤ人から見れば、異邦人に当たります。その学者たちは、長年星を研究している中で特別な星を見出したのでした。そして、彼らは長い旅をしてイエス様を探し当てるのです。その様な学問を身に着けているということから、この学者たちは身分が高かったことが推測されます。そこから、彼らは王であったとまで言われるようになりました。

 そのことは、彼らがヘロデに対して特別に敬意を払っていないことからもわかります。彼らは、真のユダヤ人の王を拝むことを目的としていたのです。ヘロデは民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただし、占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた上で、そして「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出すのです。決して彼らの行動を止めようとしません。怒りもしないのです。博士たちがヘロデの所に戻らなかった時に初めて怒るのです。

 博士たち王の言葉を聞いて出かけると、自分たちが東方で見た星再び現れて、先立って進んで、ついに幼子のいる場所を見つける事が出来るのであります。

 特別な星を見て訪ねてきた学者たちは、その星を見て喜びにあふれ、 家に入って、イエス様が母マリアと共におられたのを確認する事が出来たのです。ここではじめて、彼らはひれ伏して、敬意を表したうえで、拝むのであります。そして、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げるのです。

 真の王に対して敬意を払い贈物を送る。送られた贈物に関してもそれが象徴していと見る考え方もあります。黄金は王、乳香は祭司、没薬は預言者を象徴しているなどです。イエス様の役割は、生まれた時から認識されていたのだと言うのです。しかも異邦人によってです。イエス様のおとずれがはるばる遠くの国からやって来た学者まで、すなわち全人類の為に来られたことは確かなのであると聖書は伝えているのです。そして、身分の低い者から身分の高い者まで全ての者がイエス様を拝み、喜びにあふれることになるのでます。